二人暮らしの電気使用量・電気代ってどれくらい?1ヶ月9500円!

二人暮らし、でも電気代が高い!

そう思われている方も意外に多いのでは…

いったい二人暮らしの場合、どのくらいが平均的なのか調べてみました。

 

二人暮らし 電気使用量(電気代)は9,555円!

 

2018年総務省統計によると、二人暮らしの電気使用量(電気代)は9,555円

電気代、ガス代、水道代の光熱費は、18,090円になるそうです。

 

みなさんの家庭ではどうですか?

家庭環境や住んでいる地域、お仕事などによっても光熱費って変わってくると思います。

特に、寒冷地などでは、冷房だけでなく暖房費もバカになりませんよね。

また、日中は奥様が家でゴロゴロしている?ご家庭や夫婦共働きの家庭など。

そんな二人暮らしの気になる電気代について、よその家庭ではどのくら電気代がかかっているのかヤフー知恵袋とツイッターでも調べてみました。

結構、二人暮らしでも電気使用量に幅がありましたので参考にしてみてくださいね。

 

2人暮らしの リアルな口コミ 電気使用量・電気代はいくら

 

●ヤフー知恵袋

一軒家
2人暮らし、家内は1日中家にいる
1ヶ月 400kWh  1日13kwh

 

平日昼間は2人ともいない
1日3.7kwh ~ 4.8kwh
1ヶ月 111kWh~144kWh

 

夫婦共働き
朝8時出勤、帰宅19時~22時くらい 就寝24時
1ヶ月180kwh 夏は250kWhくらい

 

●ツイッターの口コミ

夫婦2人暮らし+わんちゃん、電気代19,000円
24時間エアコン フル稼働だそうです。

そうなんですよね、ワンちゃん、猫ちゃんがいるとどうしも電気代が高くなってしまいます。
ペットを飼うときは、食費の他にわんちゃん・ネコちゃん用に光熱費も考えないといけませんね

二人暮らし+インコ  電気代17,000円 冬の間のヒーター代がかかっているみたいです。

二人暮らし 電気代7,000円

月平均9,000円以上

二人暮らし 共働き 電気代1,900円って安すぎません? 二人とも外食なのでしょうか。
外で食事して家に帰ってきてすぐ寝たらこの電気代になるのかな。
新電力で基本料金が0円の電力会社ならあり得るかも。

やはり二人暮らしでも賃貸マンション、一軒家、ペットのいるいないなどライフスタイルによって

電気使用量も変わってきますよね。

月1,900円~月19,000円まで電気代がかかっていました。月1,900円ってどんな生活しているのか知りたいです。

一番少ない世帯と一番高い世帯では10倍です。

これから、ペットを飼う方は、餌代だけでなく電気代も考えてくださいね♪

 

アンペアの求め方

アンペア=消費電力(W)/100(V)

例:電子レンジ700Wの場合  700W/100V=7A

 

2人暮らしの契約アンペア数(A)はいくら?

 

2人暮らしで必要なアンペア数は最小で20A、最大で50A。
ライフスタイルに合わせて無理なく契約アンペア数を選択するのがベスト。

 

ヤフー知恵袋より

夫婦+幼児1人  30A、3LDK。
ブレーカー落ちたのは1回だけ、
雨の日に、浴室乾燥、リビング暖房、電子レンジ、トースター同時使用で1回ドーン

個人的には、夫婦二人暮らしで共働きなら、

アンペア数は30Aくらいが妥当だと思いますが、あくまで個人的な意見なので参考までに。

 

YouTube 動画

 

電気代は、3分47秒ころ
1ヶ月の電気代は、二人で4,848円って安いですね。
テレビは、ほとんど見ないそうです。月に1~2回つけるくらい。

アナとハムちゃんの物語チャンネル こちらの動画も参考になります

テレビって見てなくても電源入れてる方、多いのでは…
電気代少ない理由は、うーんこれだな。

結局、外出するとお金使うのでどちらが良いかは、トータルの出費を見てみないとわからないですね♪

みなさんどうでしたか、少しは参考になったかな…

ちなみに我が家で一番大きい2010年のソニーブラビア(40型)の消費電力は「114W」。

一日4時間テレビを見ていると、114×4=456wh

30日だと、456×30=13680wh=13.68kWh

1日4時間、テレビを付けていると1ヶ月間の電気代は、13.68×26円=355.68円
うーん1日4時間だと案外少ないな。

でもうちはまだブラウン管+地デジチューナーのテレビが2台あるのでこれが電気使うんですよね。そろそろ変えろって…

そしてエアコン、冷蔵庫の消費電量も多いですね。買い替えのときは、値段だけではなく、少し高くても消費電量が低い製品を選ぶのも選択肢の一つですね。

とくに冷蔵庫は24H稼働して10年以上使用するため、長期的な視点で見ると冷蔵庫の消費電量は無視できません。

次回買い替えはエコな冷蔵庫!

 

次に節電ポイントを解説します。

電気使用量・電気代を節約するには…

 

節電ポイントとしては、「基本中の基本」は、こまめに消す。

私の場合は、トイレに行くときも、こまめにPCのデスクトップモニタの画面を消しています。

電気の使い過ぎに多いのはやはり人がいないのに電気が入っている(蛍光灯、テレビ、石油ファンヒーター)これが多いのでは。

 

以前会社の寮に住んでいたとき、食事のときは寮の食堂に集まって食べるスタイルなのですが、

このときに、部屋の電気はつけっぱなし、テレビもつけっぱなしっていう先輩がいました。

なんか俺の電気代、毎月高いんだよなーって嘆いてましたが、

みんなから総突っ込み、テレビの音聞こえてるけど、電気消してます?

当然のことですが、人がいないときは照明やテレビは消しましょう。

 

そして2番目に効果があるのは、これ

手っ取り早く節約するには、白熱電球をLED電球に交換しよう。

白熱球60W → LED電球6W なので消費電量が1/10にできますよ。

しかも、LED電球は、ダイソーで100円~500円で売っています。

種類もワット数も40W相当、60W相当と品揃えもいいです。

メリット

  • 消費電力がメッチャ少ない60W → 6Wなら消費電力が1/10になることも…
  • 価格が安い、ダイソーで売っている
  • 交換が簡単

 

色は、昼白色と電球色の2種類あります。そしてオレンジの小さいLED電球も扱っています。

また、密閉型や調光器付器具対応LED電球もありました。

 

我が家の白熱電球はすべて交換済みです。ちなみに交換場所は、

トイレ、浴室、脱衣所、玄関門灯、自分の部屋、階段。

階段のLED電球はE17(細いタイプ)タイプでした。E17タイプもダイソーで販売しています。

トイレなどについているタイプは、E26タイプになります。

詳しくはLED交換レビューをご覧ください。

>>ダイソーLED電球レビューはこちら

自分の部屋に付けているのは、これです。

 

「カチッ」と回して取り外しできるタイプの照明器具なら交換できます。

天井に肯定されているタイプの照明は自分で取り外しできません。

 

夜はLED電球(6W)1個だけ点灯してます。

 

かなりダサいですが、LED電球1個点灯で十分です。

デザインはとにかく、消費電力を少しでも抑えたい方にオススメ!

トイレや浴室など全部LED電球に交換しましょう!

 

消費電量は「6W」なのでかなりの節電効果がありますよ。

元々あった蛍光灯タイプの照明器具を取り外し、ご覧のダサい黒い傘の裸電球丸出し照明ですが、LED電球が2つ付きます。

1個と2個の点灯ができるタイプになります。通常はLED電球1個のみ点灯。これで十分部屋の中(8畳)は明るいですよ。

 

もう少しおしゃれなのが欲しいという方はアマゾンでいろいろ売っています。↓

電球は別売りなので好みに合わせて、昼白色、電球色を選んで装着すればOKです。

上の照明器具は1個点灯、2個点灯、ナツメ球の点灯ができるみたいです。

>>アマゾンでチェックしたい方はこちら

LED電球への交換は、ぜひやってもらいたい節電方法です、初期投資が安いうえに節電効果も大きいです

 

そして次に、夏場のエアコン消費電力削減として、

エアコン温度設定を見直す

直射日光を遮る方法があります。

 

我が家のエアコンの設定温度は、28℃です。

そして直射日光を遮断するには、

ダイソー(100均)で、すだれも売っていますので、これを利用しない手はないですね。

これは、かなりコスパがよい。なんせ100円ですからね。

外にぶら下げることができる人は外に付けたほうが良いみたいです

 

室内に入ってくる直射日光(紫外線)をかなりカットすることができます。

ちょっとしたインテリアにも、すだれは風流があっていいですよ。

すだれでは、ちょっとサイズが小さいという方は、遮光シートがオススメです。

引用元:アマゾン

 

我が家でも使っています。夕方になると西日がガンガン入ってくるため、窓ガラスに遮光シート(片面が銀色)を3枚吊るしています。

ほんと冬は暖かくて助かりますが、夏は遮光シートつけないとエアコンつけていても30℃以下になりません。(´;ω;`)ウッ…

これをやるとやらないとでは全然違うので、夏になると必ず窓に取り付けています。

ただデメリットとしては、外から見ると銀色がちょっと目立つのと、部屋の中が少し暗くなるところです。

ですが、最近の猛暑をしのぐためには、必須のアイテムになりました♪

 

ガス代・水道代を節約する、他の節約術を併用する

 

電気代と一緒に節約したいのが、ガス代と水道代ですよね。

ガス代は、同じ時間帯に入り追い炊き回数を少なくする。
節水タイプのシャワーヘッドを利用など

私の知り合いには、お風呂の水は3日に1回取り換えるという方もいます。

浴槽の縁が汚れてきたら取り換え時って言ってましたので(笑)、

毎日取り換えているのが当たり前という方は、かなりの節水になりますね。

どうしても毎日取り換えないと気持ち悪いというかたはムリかも。

 

新電力を検討する

CMやテレビで知っている人も多いと思いますが、電力会社を乗り換えることで電気代が安くなる場合があります。

契約手数料、解約料・違約金が0円というところも多く、手軽に切り替えできるのが魅力ですね。

キャンペーンを利用することでさらにお得に契約できます。

 

気になる方は、電力比較サイトなどでどれくらい安くなるかチェックしてみてみるのもよいかもしれません。

>>最大39,000円分アマゾンギフト券プレゼントキャンペーン中!電力比較はこちら